3D形状にケガキ線を加工する。

金型部品の加工です。

3Dモデル作成+3D加工+ケガキ線加工+穴加工

という感じです。金型図面と製品データを頂き、金型の3Dモデルを作成するところからスタートします。これ結構得意なやつです^_^

3D加工後にケガキ線の加工をします。5軸加工機はないので、上から見た方向の可能な範囲内でOKとのことでした。

こちらのお客様は試作品を多く手掛けている会社様なんですが、ケガキ線の加工が現場の方に好評みたいで、一度加工したら次からもお願いっ!!ってことになりました。

3D加工の面からみてできる範囲内なので、価格もそれほどかかりません。

ケガキ線は3軸で加工となると、いろいろコツがいるんですが、うちのCADCAMがそれを可能にしてくれます。コツを掴んでからはサクサクっとできるようになりました。慣れって大事だな~。チャレンジしとくって大事だな~。

ビビってやらないよりは、ビビって失敗した方が成長できると、最近痛感してます。

親父と息子たった二人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です