焼入れ材にワイヤーカットでキー溝加工。

焼入れ材へのキー溝加工!!

ワイヤーカットは高硬度材でカッチカチに硬くなっていても簡単に加工できます。というか、焼きが入っていようとなかろうと、電気で溶かして切っていくので加工に関係ないんです。

こういうキー溝は通常ですとスローター屋さんに持ち込まれます。キー溝とか専門ですしね。価格が安いです!!ただ、最近はスロッター屋さんが減ってきたのと、個数と納期の関係でワイヤーカットでの加工を依頼する方も増えてきました。

今回は、イレギュラー。。。

スローッターで加工しようとしたら、間違えて内径にも焼きを入れてしまったらしく、急きょワイヤーカットで加工してくれっ!!との事でした。

ワイヤーカットは厚みがあると価格が上がってしまうので、1ヶの加工でしたが、このくらいのサイズならスロッターの方が安いのかな??

お客様も、多少の割高は仕方ないと理解している方なので、通常の価格。。。の2割引きで加工させていただきました。

高硬度材のキー溝加工はワイヤーカットで!!

親父と息子たった二人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

プロトラクターへの追加工!!

シンワ測定のプロトラクター

この分度器&定規みたいなのが「プロトラクター」と言う名前なのを初めて知りました。今回はこのプロトラクターへの追加工のお仕事です。

外観部品のため製品の掲載はNGですが残材ならOKでしょう!!既製品に追加工をして、自社の製品につけるようです!!既製品の追加工はたまにありますが、プロトラクターへの追加工は初めてです!!あっ、リピート品だから初めてじゃないかな。

定規の印刷などの値段に詳しくないですが、1から作るよりはかなり割安に済むでしょうね。

残材

残された残材たちです。もったいなかったので、定規の部分を切り離して、社内で100㎜スケールとして使用していきま~す。

リサイクルw

親父と息子たった二人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

ワイヤーカット面粗度ブロックをプレゼント!!

こんなチラシを作ってみました!!

ワイヤーカットの回数によって面粗度がどれくらいきれいになるのか知りたい!!

というお客様がたので1st~4thでどのくらい面粗度が違うか、数値ではなく見た目で判断してもらえるプレートを作りました。

他のお客さんも欲しい人いるかな~と思い、ついでにたくさん製作!!せっかくなんでこの日報を見てくれた方の中でも、欲しいっていう人がいればプレゼントしようと思います。

先着50名!!

意外と費用がかかり、50ヶしか作れなかったんです(T T)

錆びないようにSUS304を使用!!

詳しくは上のダウンロードページからFAX送信用紙をダウンロードしてから、FAXしてください。FAX用紙にQRコードも載っているのでそこの問い合わせページからネットからネットでも申し込みできます。

チラシも配ってるんでなくなったらごめんなさい。

だれも欲しい人がいなかったら、それはそれで悲しい~な~。。。

親父と息子たった二人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

必見!!ワイヤーカットの穴精度は?

ワイヤーカットって精密って聞くけどどのくらいの精度でできるの?

という質問をたまに受けます?

タチバナ製作所では!!って話しですが、測定しながらできるものなら±0.003㎜の公差が限界でしょう。しかし穴ピッチとなると、3次元測定機がないので測れません。機械精度として大丈夫だろうとしか言えませんでした。

そんなあいまいな状態を脱するために、神奈川県県立産業技術総合研究所という、神奈川県が運営しいる施設にお願いして測定してもらいました。

様々な加工方法をためした結果、一番精度の出るやり方で加工すれば、穴ピッチ精度は0.006㎜以内に収められる事がわかりました。±0.003mmの交差でギリギリって事ですね。

実際の公差ですとギリギリは狙えないので、±0.01は問題ないと思っていただいて良いと思います!!±0.005は加工可能ですが、その都度、測定にださないと保証はできかねます。また、この精度を出す場合には何回CUTなのかなどの制約があるので要打合せになりますね。

丸形状だと真円度も関わってくるのでうちの機械精度は、「±0.01㎜」はOK!!「±0.005㎜」が限界だと思っていただきたい!!という結論になりました。

そして発見だったのが、朝一番での加工だけ0.016㎜の狂いがでたことです。軽く暖機運転はしたのですが、ワイヤーカットの場合には実加工をしないと機械は温まらないようですねー。

次は真円度の測定結果です。φ10㎜の円で0.005㎜くらいいびつになります。これを踏まえて、穴ピッチも0.01㎜が安全領域です。

機械が動いて円を描くので、多少いびつになるのは仕方がありません。ボーリング加工や旋盤加工の様にはいかないですね。やはりXYのボールネジが切り替わるところで1番いびつになるな~と改めて実感しました。

普段の加工で0.005㎜のものがあるのか??と言われるとほとんどないですが、じゃぁいくつなら加工できるの??と聞かれたときに、このくらいならできますよ!!と言えるようになるための精度測定でした。

測定誤差0.001㎜という高価な測定機で測定を依頼したので、費用も意外とかかったけど、いい勉強になったな~。

親父と息子たった二人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

ワイヤ加工機は端っこまで加工があると少し大変。。。

2021年も最後の日報です。今年も1年お世話になりました。コロナという未体験な出来事がありましたが、おかげさまでなんとか生き延びてます。むしろ今後を考えるいいきっかけになったかもしれません!!!

今日の日報はワイヤーカットの加工領域の話。ワイヤ加工機は、テーブルいっぱいまで加工することができません。ワークを固定する四角い枠の中を上下のヘッドが動くので、一杯まで動かすと下ヘッドが四角い枠に当たってしまうからです。

タチバナ製作所のワイヤ加工機もテーブルの端から10㎜は加工できない領域になります。なのでワークの端の方に加工箇所があると、写真のように治具が必要になります。

治具を置くと今度は下のヘッドが治具にあたるので、下のヘッドについているダイスカバーを低いものしなくてはいけません。そうするとワークから離れるため水圧が下がり加工スピードも少し下がります。

①治具、②干渉、③水圧低下

と、、、いろいろな所がちょっとずつめんどくさくなるんです。加工は全く問題なくできるし、めっちゃ大変ってわけではないのですが、ちょっとずつ手間がかかります。

加工するラインが端面から20㎜(できれば25㎜)あるとこれらが一切なくなります~!!

もちろん材料が高額、設計上仕方ないものは良いんです!!

でもどっちでもいいなら、端面から20㎜以上あるものが一番割安になりますねっ。

最近の金型ですと、ボルト穴を一番外側にして、ノック穴、ガイドポスト穴をその内側に設計するってのがよく見るパターンです!!

べっ、べつに催促してるわけじゃないですけどっ(汗

今日は、お客さんのそのまたお客さんが、このブログ見てるらしいよ~!!!って聞いて、ちょっと嬉しくなりました。基本は自分のための日報だけど、それが少しでも誰かの参考になるなら、こんなに嬉しいことはありません^^ありがたや~。

親父と息子たった二人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

ワイヤーカットからはみ出る、なが〜い加工!!(社内品)

今度マシニングセンタの主軸を修理します。

「その際に、主軸を上から釣るための柱が必要です。」

とOKKのサービスの人から言われました。ちょうどマシニングの両サイドに鉄骨があったのでそこにバー材を渡して、チェーンブロックで釣ろうという事になり。

渡すためのフラットバーを買ったんですが、サイズを間違えた。。。簡単に測って1800㎜くらいだと思ったら。1650mm。。。入らない。

しかたないのでワイヤーカットで親父さんに切ってもらいます。あまりに長くて機械の前に置いてある棚に当たってしまうので、斜めにしながらワイヤーも斜めに加工して切ることにしました。

後ろも倒れまくるので、ブロックで支えながらの加工です。対して精度はいらないので良いのですが、後ろを支えたのは初めてだなっ。

当然、扉はしまらず吹きかけ方式で加工します。懐かしぃ〜!!昔はみんな吹きかけでしたねっ!!ゴミ袋で水はねをふせいで無事に加工完了。

無事に切れてよかったー!!この長さのものを切るのは初めでです。

親父と息子たった二人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

ワイヤーカットで2ヶ取り

タチバナ製作所は、小ロットものを得意としてます。1個、2個、なんてものを普段から加工しているのでどんとこーいれ!!です。

最近思うのは、数の多い少ないってのはただの慣れなんだなぁ〜。と思います。タチバナ製作所も昔は金型加工専門にしていて90%が1点モノ!!でした。

ここ10年くらいで、部品加工も手がけるようになると、これ1個かぁ〜、とか思うこともたまにあります(^_^;)

もちろん、いつも通りの正確な加工をしますけどね。

こんな2個取りだって、だんだんと多数個取りのノウハウが蓄積されてくると、なんなく加工できます。

これによって、多数個も、単品も両方得意ってなってきました!!500ヶとかの量産は品質は🆗ですが、価格面でまだまだ企業努力が足りないみたい。

今後は、100ヶ以上の量産も積極的に受注してみたいですねっ!!慣れ!!加工者も、見積もり担当者も所詮慣れだけかもしれない。

慣れ=反復

繰り返せば、誰でもできます^ ^

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

エリエールの紙ウエス VS モノタロウの紙ウエス

工具屋さんが、エリエールの営業の人と来るらしい。えっティッシュ??と思ったけど、紙ウエスを出してるんですよ~!!ときれいなお姉さんを連れてきました。サンプルをもらい使ってみたら、なかなか良いじゃないか~!!

今まで使っていたモノタロウの紙ウエスって、すぐに破けてボロボロになるのが嫌だったんですよね。まぁ、安いから我慢してたけど。。。

今回もらったサンプルは「プロワイプ」ソフトタフタオルってやつ。結構丈夫なんで破けない!!なんで汚れても、3枚つづりの一枚をめくったらきれいな面が復活~。

とケチくさく使ってたら、結構もったな~!!

モノタロウ製と比べて1.3~1.5倍くらい値段の差があったかな?でも1.5倍くらいはもった気がする。そしてボロボロになるストレスもない!!

って事で1箱購入しました。

せっかく両方あるので、プロワイプとモノタロウを比べてみました。

●プロワイプ 50枚 471g  3枚重ね簡単にはがせる。

●モノタロウ 50枚 307g  3枚重ね 簡単にはがせない。

紙の量も1.5倍以上入ってて破けにくい、3枚重ねが簡単にはがせるので、はがすときれいな面が復活する!!うんうん~なかなかコスパ良いんじゃない??

もう少し値段が下がれば最高です^ ^

工具屋さんとエリエールのお姉さん。ありがとうございました。

親父と息子たった二人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

超硬ピンの切断加工。

ただ、ただ、切断するおしごと。

高価な材料や硬い材料の材料取りにもワイヤーカットは便利な機械ですね。

旋盤屋さんに超硬のピンを切断してほしいという依頼がきたが、旋盤では難しいのでワイヤーカットで切断してほしいと言われました。

“超硬ピンの切断加工。” の続きを読む

ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

ワイヤーカットは、重ね加工で量産します。

ちょっと最終製品は載せられないのですが、1mmの銅板を重ねて加工。この板は1枚の板から製品が10ヶとれます。10枚重ねて加工するので今回の加工で100ヶの製品がとれます。

ワイヤーカットは量産品に向かないと言われますが、こういう薄い板の場合はワイヤーカットが圧倒的に安くなりますね。あとはレーザーとの勝負になりますが、この形状でこの数量はワイヤーカット向けですね。レーザーよりもタチバナ製作所の方が安いと思います。

それぞれの機械に向き不向きがあり、それぞれの会社に向き不向きがあります。

ぴったり合う製品ですと、お客様も安く手に入り、弊社もなんなく加工できるのでお互いWinWinになれて良いな~と思います。

さっ、明日行けば明後日からお盆休みだー!!

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site