溶接部分を取り除く!!

鍛造の金型。マシニングで加工し焼入れたものをデカい鉄板に溶接して使用するそうです。。。今回はうまく寸法が出なかったようで修正加工の依頼!!タチバナ製作所の得意な焼き入れ材料(高硬度材)の加工です。

得意と言っても、ちゃんと加工できますよって事で、普通の鉄みたいに楽に削れるってことではないので、それなりに加工費はかかります。作り直したり、焼き鈍ししたりするよりは安価にすみますけどね。

今回はSCM440なので、いつものSKD11に比べれば、そこまで硬度は高くないので、そこは安心。

お客様よりデカい鉄板から溶断で切ってもらった製品。まずは裏面の溶接されてる板を削りとります。今回はコレになかなか苦労しました(T-T)

溶接部分のみ削って取り外そうとしたけど、うまく外れるかわかんないし、あんな分厚い板がガタって外れる時に工具折りそうで怖かったんで、削りとろ〜。。。と削ってたけど、板が薄くなるとびびってくるんです。結局は板を薄くして、最後は溶接部分を削って板を外しました。

SS400の鉄と焼きが入ってる鉄。柔らかいのと硬いのが重なってるって以外とやっかいだ!!まぁこれも慣れかな!!

こうやって鉄板を薄くしといて。後は溶接部分を削って鉄板を剥がし取りました。取れた鉄板の写真を忘れた。。。

そして最後に、表面の焼入れ材の追加工!!こっちは慣れてる加工なんでガンガン終わらせますよ〜!!硬度もHRC40程度とそこまで高くないんで!!

高硬度材には、三菱のMP8010コーティングが今のところ刃持ちが良い気がする。あとサンドビックも結構良い感じです。

今回はOSGのフェニックスも試しましたが、HRC40くらいなら結構削れそう!!フェニックスはネガチップなんで機械の力がないとイマイチな感じ。HRC60(SKD11)の時はイマイチでしたね。

慣れてる高硬度材の加工でも、どんどん新しい事にチャレンジしていきましょう〜!!

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です