ステンレスプレートの穴あけに、マシニングを汎用機のように使う。

新規で持ち込みのお客様から、ステンレスのプレートにΦ15の穴を開けるおしごとです。

設備関係のお客様で、機械加工に関してはあまり詳しくないよう様子。

タチバナ製作所には汎用機がなく、基本的にNC機で加工すること。

NC機では、下穴などは無い方が良い。下穴と正規の穴を合わせるのが大変になります。などなどを丁寧に説明して、今回はなんとか初めの条件で受け付けました。初回サービスみたいな感じですね^_^

あんまやらない事だから、ちょっとドキドキします。既存の下穴に目視でドリルを合わせて、jog送りという機能を使って汎用機の用にマシニングを使っていきます。

無事に8枚完了〜!!

感想!!

下穴あっても問題なくあくな〜!!目視での合わせでも問題ないみたい。

SUSはいつもより少し送り高めの方が、良い切粉がでるなぁ〜!!

と汎用機を使ったことがないので、いろいろ気づきがあって面白かったです。

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です