ワイヤー放電加工・マシニング加工

㈲タチバナ製作所 
044-266-5173

タチバナ製作所

リバースエンジニアリング

タチバナ製作所



リバースエンジニアリング


金属加工を依頼する上で、製品の図面がなかったり生産中止になっていたりした場合 同じものを加工する事は容易ではありません。このようなニーズに応えられるのが 「リバースエンジニアリング」です。 リバースエンジニアリングとは、製品構造を分析し、構成部品や製造方法などの情報を抽出する事です。

リバースエンジニアリングをする際は打合せが非常に重要になってきます。 用途をなるべく詳しく伺ってから、どの程度ラフで良いのか、どの程度公差を 入れるのかによって金額がかなり変わってくるからです。弊社では、 プレス金型部品を普段から加工しているので、金型の工程を聞けばどの程度の 公差かおおよそわかります。したがって、金型部品のリバースエンジニアリングを得意としています。

図面が無い!!

生産中止や海外製品のため製品はあるけど図面がない。。。

そんな時には是非「リバースエンジニアリング」を活用して下さい。

打合せ→3Dスキャン→データ作成→製品加工→完成

リバースエンジニアリングをする際は打合せが非常に重要になってきます。 用途をなるべく詳しく伺ってから、どの程度の交差で良いかで金額がかなり変わってきます。

3Dスキャン+データ作成 のみで3万~10万と金額にかなりの幅があるので、 測定できるとこはお客様でなるべく測定して、 できないような曲面形状のみをデータ取りするのが、コストを抑えるには良いと思います。

リバースエンジニアリング
手仕上げの金型部品を再現。
リバースエンジニアリング

上の図は、プレス金型(絞り工程)部品の依頼です。
2D図面はあるが、3Dモデルはないとの事でした。
製品は熟練の金型職人により手仕上げで最終仕上げがされています。


「もうその職人さんはいないので、同じ物が作れない。」という相談でした。


裏面のノック穴やタップ穴は図面があるので、3D曲面のみ3Dスキャンをおこないます。 その後、加工可能な3Dの面データに変換してから、加工に入ります。


弊社の得意な、マシニング→焼入→ワイヤーカット というながれでスムーズに加工は進み、お客様に納品したところ、 上手く製品ができたそうです。


用途により3Dスキャンの費用が大幅に変わるので、まずはお気軽にご相談ください。





Site Map




TOP

お見積り/お問い合わせ