HPM1でもAタップが活躍した。

HPM1  「ハイピーエムワン」 って読みます。あってるか知りませんが。。。

金型鋼でHRC40もあるんです。HRC40あったらハイスじゃ削れないだろ~!!って思ったけど、そこはメーカーもある程度切削性を良くしているみたいで、普通にコーティングドリルで穴はあきました。

でもタップって怖いですよね~。どうしよう。硬度高め用のタップを買うのか!?

いや、今回は最近お気に入りのAタップを使用してみよう。普通シビアな加工の時は難削材用の特殊な油を手差しで使うんですが、今回は普通に切削油でチャレンジ~!!ワイヤカットのコマを製作するので1箇所くらい折れても問題ないで、こんな時はチャレンジするに限ります。

通常の切削油でAタップいけ~!!

M6×P1.0 深さ13 無事にあきました~。加工後のタップを見ても大きな摩耗も、カケもなく、無事に完了しました。良かった~!!

HPM1をそれほど加工しないので、こいつの切削性が良かったのか、Aタップの性能が良かったのか、真相は定かではないですが、とりあえず、AタップでHRC40程度の金型材でも問題なくあくって事がわかって良かったです。

親父と息子たった二人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です