薄板を加工するため渋々バイスを動かす。

マシニング加工者にとって、バイスを動かすというのは、思った以上に手間がかかるものなんです。

①50kgあるバイスを2台降ろす。②テーブルの掃除。③50kgおるバイスを2台載せる。④2つのバイスの並行を0.01mm以内にセッティングする。

ちょっと手間ですよね。

だがしかし、今回のような薄板の場合はバイスを動かします。板がかなり薄くサイズもそこそこ大きいのでビビって加工にならない可能性があります。それに備えてできるだけ大きい面積でバイスクランプしたい!!

加工中のトラブルを考えれば、バイス移動の手間も仕方ないですね。製品を公差内に仕上げる事が一番の目的ですから。

今回は穴加工とケガキ加工だけなので、これ以上の手間はかけませんが、この厚みで彫り込みとかいろいろあると、バイスの下にいろいろと細工をしないとビビリがでて加工が難しいと思います。最近はバネで固定するのにハマっている。次回使うときがあれば日報にも書きま~す。

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です