知らなかった。。。超硬リーマーの公差。。。

最近気に入ってる、写真一番下のケース。岡崎の超硬ショートヘリカルリーマー!!唯一気に入らないのが、通常の長さだとシャンクがマイナスする事!!

Φ10のシャンクはΦ8

Φ8のシャンクはΦ6

穴曲がりを修正したいから超硬使ってるのに細い〜!!修正できてるか不安〜!!

そこで真打登場!!下から2番目の現物、FPツールのヘリカルリーマー。ヘリカルで、シャンクも同じ径で、価格はそこそこ!!

これを求めてましたーっ!!

早速使ってみたのですが、Φ8リーマーで加工したのに、Φ8の栓ゲージが入らない。。。Φ7.99のピンゲージはスッと入る。

なんでだ〜!!何個やっても同じ。。。いろいろ調べていくと

岡崎のリーマーの公差は+0.006〜+0.012

FPツールのリーマーの公差は0〜0.005

これだ〜!!

0〜0.005って!!

リーマーとしては正確だけど、、、(-_-;)

H7に仕上げたい人が多いと思う顧客目線としてはどうなんだ??

10.01のリーマーを使えって事か??

1/100mm刻みのリーマーってちょっと高いからな〜。ただでも高い超硬リーマーが〜さらに高く〜。

岡崎に戻るか再検討ですね!!

リーマーの交差なんて、気にした事なかったけど、次から気にしてみます。1つ勉強になりました!!

タチバナ製作所は、小さい会社ですので、正確さも大事ですが、お客さんが何を求めているのか?

を大切にしなきゃな〜と気づかされました!!

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です