焼き入れ材にはサンドヴィックを使う!!

プレス金型の加工です!!

SKD11に焼入れをし、HRC60くらい!!

カッチカチだぞー!!

昔は焼入れ材に加工なんて、放電以外は考えられなかったのに、技術の進歩はすごいなぁ〜!!

各社焼入れ材用のチップを出していますが、自分のお気に入りはサンドヴィックです!!

P300-1023-PM

ってチップを使ってます!!サンドヴィックはなかなかお高いので、使うのをためらってましたが、これは良い〜!!

20φくらいで焼入れ材を加工すると、うちの40番のマシニングだとトルクが怪しくなってきます。。。

他メーカーのは刃先を鈍角にしたネガチップ!!

これだと。。。チカラが。。。足りない。。。

でもサンドヴィックのこれは、鈍角になってないんですよね〜!!研磨チップなんで結構角が立ってます!!

ってことは、抵抗が少ないです!!

使い始めはサクサク切れます!!焼入れ材を削ってるとは思えないくらい!!まぁ、その分欠けにはちょっと弱いけど!!

急に切削音がかわるので、機械から遠くに離れるのは無理です!!

でも今のところ焼入れ材には、サンドヴィックかなぁ〜!!

あっ、あとは三菱のMP8010コーティングのチップも^ ^これも鈍角にしてないです!!普通のチップにコーティングだけ変えた感じ!!しかも、安い(^ω^)

ん〜。。。φ20も三菱にしようかなぁ。。。今度試してみよう!!

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です