溶接用の治工具の加工

設計って大変ですよね!!全体図書いて、2次元の紙ベースの部品図書いて、、、各部品の見積もりとって、、、

その点タチバナ製作所では、3Dデータをポンといただいて、それを自社の作りやすい加工方法で作るって事が得意です。

詳細な部品図がないので、どのように使うか?どこに公差が必要か?などは聞いておきますが、後は弊社で安くできる方法を考えて加工します。

3DCADは使えるけど詳細な部品図を全て描いてくのは大変だっ!!ってお客様はこのような発注方法で、注文をいただいてます。

あんま複雑なのは、部品図必要ですけどね。

今回はプレスメーカーさんが、溶接する際の治工具を作りたいという以来でした!!

おそらく治工具として全てを外部に発注すると、価格が2〜3倍になり、さらに自分の作りたいイメージが上手く伝わらないケースがありますよね。

しかも、修正、変更が簡単にできるのも良いとこです^ ^

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です