シキイタを接着剤で固定してみる。

何度かいただいてるリピート品!!

この加工の大事な所は、追加工するところZ方向の長さ交差が+/-0.02

さらにいうと数量が10ケ以上あるので、毎回Z方向の長さ交差を気にしたくない!!

その結果、敷板をひいたテーブルへのベタ置きなりました!!

これなら、下面からのZ方向は毎回同じになりますね!!まぁ、機械の気温変化があるので、加工終わりに測定はします。

でも、始めに全ての製品の長さをマイクロで測って、それを加工データに反映させて、更に加工後も測って。。。ってとこまでやらなくてもこのクランプ方法ならOK!!

上面からはバラついても、テーブル面からの寸法は安定します!!

今回も、全て+/-0.01mm以内におさまりました^ ^旋盤ブランクの歪みも多少あるので、0.01mmくらいは仕方ないですかね!!

そしてっ!!

今回はさらにもう一歩進んで、敷板を固定してみようと思います。ちょっと動くとスキマにキリコが挟まっていないか、気になって仕方ない。。。

ネジ式等で固定は手間なのでやりたくない。そこでっ、接着剤で固定してみました!!

ワークを外しても、動かない〜!!敷板を拭いても動かない〜!!なかなか良かった^ ^

敷板が動かないから、キリコの挟まる心配もない!!

後半に一個取れたので、次回はもう少し強く接着してもいいかなぁ〜!!

加工終わりは、ヘラで接着剤を取った後に砥石をかければ元どおりキレイなテーブルになりした^ ^

リピート品は、常に新しいやり方をチャレンジしていきたいです!!

たまに失敗もあるけどね。。。

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です