データ作成からの〜プレス金型の3D加工!!

ついに、金型図面すら貰えなくなったw

タチバナ製作所では、プレス金型のデータ作成~加工までのおしごとをよくいただきます。

製品データ(3D) + 金型データ(2D)

をいただいてそれをもとに3Dモデルを作成してから、加工までします。

「3DCADをあまり使えないんだよね~。」とか

「3DCADは見るだけの機能しかないんだよ~」ってお客様のために編み出した!!

というか、自然な流れでお客様の希望に答えていったらそうなってたってだけなんですけどね。タチバナ製作所のCADが「VISI」という3Dに強いCADってのも原因の1つかもしれません。

と、まぁここまではいつもの流れなんですが、最近プレス金型メーカーさんではなく、試作メーカーさんからのおしごとをいただく事がありまして。こちらは試作なんで1ヶとか10ヶとかしか作らないので、なるべく簡潔に安価に金型を作ることが要求されます。

と突き詰めていった結果、簡単な手書きのラフ図だけもらってあとの形状はおまかせします~。なんて事が起こり始めました。

もちろん3Dモデル作成費用もいただくので問題ないんですが、タチバナ製作所はただの加工屋なんですけど、そんな丸投げして大丈夫なのかな~?とか思いつつ、うちの加工しやすいしょうに設計できるから意外と楽かも!!

とかいろんな刺激があって、面白かったです。

今までは言われた通りに加工するのが仕事でしたが、自分で設計もどきをしたことで、設計屋さんの大変さがすこ~しだけですが、わかったような気がしました。設計は自由度が多すぎて考え過ぎるとキリがないな~と感じた。

良い勉強です。お客様からも問題なく製品ができたと評価いただきありがたいことです。

親父と息子たった二人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です