ケガキ線はボールエンドミルで削る!!

たまにありますよね〜!!ケガキ線!!

こいつって、簡単そうで意外とやっかいなんです!!センタードリルや面取りカッターなど先の尖ったものでやると、先端がすぐに欠けます。

ケガキ用の工具

こういうのを以前は使ってましたが。。。

これも3D的に動かすとすぐに先端が折れます。。。

そこでたどり着いたのが、ボーエンドミルで削る!!

Φ1.0くらいの極小のボールエンドミルで工具を回転させながら0.1mm〜0.2mmくらい切削します。

すると、見た目はケガキ線を入れたように見えるんですよねー!!

ちょっと、線が太いかな〜と思ってたけど、お客さんからは、はっきり見えて良いと意外と好評です!!

同じ感じで、刻印もキレイにできましたー!!

ミスミの一番安いエンドミルなら890円なんで、価格も気になりません!!

細かな刻印の場合は、さらに小さいΦ0.4〜Φ0.6あたりを使います!!

ちょっと値段が上がるのですが、タチバナ製作所は、樹脂の金型の加工で極小のボールエンドミルをたまに使います。

その仕上げに使ったエンドミルを捨てずにケガキ線、刻印用に保管して使ってるんですー!!

極小エンドミルって工具磨耗がわからないので、1度使ったら廃棄になってました!!こういう形で再利用できるといいですねー!!

捨てる工具に、もうひと働きしてもらいます!!

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です