丸物のリングのあと加工。

まぁ〜るいリングの加工です。精度もうるさくないし、難易度もたいした事ないんですけど、ネックは大きさ。。。

機械の大きさギリギリなんで、クランプする場所を考えて、計算して、なんとか2回で済ませたいなぁ〜。

1工程目を撮るの忘れたので^^;

2工程め目!!黒皮の部分を、長丸を残しながら削り落とせば完成〜!!

って、完成品の写真は辞めとこう!!

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

持ち込みの品物が20ヶにボリュームUP!!

https://tatiban.com/news/持ち込みの品物をその場で加工!!/ の時の製品。正式に20ヶの発注が決まりしたー!!ありがとうございます。

前回は試作って事で、多少の位置ズレやキズは仕方ないって前提でしたが、今回は最終的に一般のお客様にとどき、なおかつインテリアになりうる品物ですので、絶対にキズはNGです!!ちなみに表の面には塗装が施されてます。その塗装をいかにキズつけないかが勝負になります。

万全のジグを作りますよー!!表面の凸凹が当たらないように、曲面の中にも逃し加工を入れときます。

またキズ防止のシートにはTシャツのような薄い布を選択。加工すると細かな切クズが布に付着します。すると付着した切クズが次の製品をキズ付ける可能性があるので、布も20ヶ制作。一回事に廃棄です。

ドリルもSUS用の切れるドリルを使用!!抜けぎわのバリを最小限に抑えたい!!

寸法精度は対した事ないので、とにかくキズに細心の注意をはらって加工!!

3箇所の加工✖️20ヶ 完了ー!!

うんうん、いい感じ^ ^表の面は見せられませんが、穴バリも最小限で、ダゴンはもちろん、細かなキズも一切無い!!

お客様にも喜んでいただきましたー^ ^

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

プレス金型の刃にシャー角をつける。

以前加工した、プレス金型 カット型のダイです。SKD11に焼入れをしHRC60程度のカッチカチの高度になっています。いわゆる高硬度材ってやつですね。

納品して1年くらいたった後、現場の方から板厚が厚いので「シャー角」を付けてほしいと依頼がありました。

「シャー角」=カットするときの力を分散するために、刃の部分を斜めに削る事。

メリット→力が分散する。プレスの小さなプレスでも加工可能になる。金型の耐久力があがる

デメリット→刃先が摩耗した場合、簡単に研磨できない。

タチバナ製作所は金型メーカーではなく、加工屋さんなので加工事に加工賃をいただきます。ただし、自社で手掛けた部品の追加工は【なるべく安く】をモットーにしています。お客さんも費用をもらえるわけではなく、持ち出しの場合が多いですからね。

この辺は小さな町工場なので機械的に価格が決まるわけではありません。

始めはワイヤカットで~とお客様に言われたのですが、ワイヤカットで立ててこの高さを加工すると、かなりお高くなる。。。

タチバナ製作所は高硬度材の加工を得意としているので、マシニングの方が安いですよ~と伝えると、安い方でお願いと言われたので、マシニング加工でさらっと2度くらいの傾斜をつけて加工完了!!

価格を抑えるために、今回はチップ式の工具のみでの加工になりました。

親父と息子たった二人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

プレス金型の修正加工。

仕事がない〜>_<

とそんな中でプレス金型、修理部品の以来です!!

SKD11、焼入れ済、HRC60

修理部品の加工って、位置だしやらで手間がかかる割に金額を請求しずらいので、心のなかではちょっと面倒だなぁ〜と思ってました!!

“プレス金型の修正加工。” の続きを読む

ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

丸物の裏表はどうする??

丸物で、裏表などの位相があるときって、、、好みと精度によって分かれるけど、ケガキ線でいーよーってなるとちょっと楽です。

何も気にせず置いて、加工が終わったらハイトゲージでケガキ線を引く、ひっくり返したら、またハイトゲージでケガキ線と平行に置けてるか目で確認!!そんなに手間無いですね^ ^

問題は、ケガキ線合わせだとどれくらいの精度なの?って聞かれるとツライ。。。ケガキ線の太さが0.2mmくらいだから、0.2mmくらいは狂うって事かな??

精度的にうるさくなると、ブロックを固定してそのブロックをピックテスターで測定しながら固定します。裏返してから、また同じブロックを測定しながら固定すれば、バッチリでますよー!!

ちょうど良いブロックがあればいいけど、ないと制作!!固定方法はねじ止め?などなど工程が増えるので、値段もちょっと上がりますね^o^

精度の有無によって支持していただけるとありがたいです。

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site