M22をタッパーで加工。

M22×P1.5の加工です。以前はスレッドミルで削っていたんですが、プレス金型のシャンク穴をあける事が増えてきて、シャンク穴って1穴なんです。1穴のためにプログラム組むのもオフセットで合わせるのも面倒くさくなってきて。。。

ついにヤフオクで大径KATOタッパーを購入。これで簡単に他の穴あけプログラムと一緒に加工できるようになりました~。

とりあえずM24までコレットはあるけど、機械のトルク的にどこまで加工できるのやら、、、

予想だとM24並目、SS400程度が限界だと思う。

トルクオーバーで止まるなら試してみたいけど、ネジ山が壊れちゃうなら嫌だな~。

まぁ、それは後々考えます。

とりあえず、タチバナ製作所ではM22までは普通の穴と同様に簡単にあけられるようになりました~。プログラムの複雑性がなくなると大径タップ価格でだせるので、お客様にもメリットがでてWinWinですね~^^

親父と息子たった二人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です