面打ち型の定番化!?

プレス金型の面打ち型です。

プレスで抜いた製品にでたバリをとるのが目的!!

最近は彫り込むのが増えてきました!!

製品のバリをとるために、彫り込んだ底面にCやRを作ります!!

以前はCだったので、仕上げは90度のカッターを使ったのですが、ここのお客さんは底Rでオッケー!!

90度のカッターってすぐに先端がかけるから嫌なんですよね〜。底Rならボールエンドミルを使えるから安心です^ ^

要は製品の面が取れててバリが出てなければいーよーって事ですからね!!

ん〜、こういう現実主義の方ってステキですね〜^ ^

ホントにC面じゃないといけないのか?っていうとそんな事はなく、みんな承認とるのがめんどくさいって理由がほとんどです。

自分も、業界の当たり前にとらわれずに、現実にあった方法を考えていきたいと思いました!!

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です