ビビリ防止にバネで受けてみた。

いくつだっけ?6㎜の厚みで230㎜くらい幅があったのかな!!裏面に形状があります。

6㎜(-0.1/+0.1) SUS316 アニール済材料

バイスワークのみで加工するにはなかなか大変だったけど、ちょっとレベルUPしたかも!!6F材料ばかり買うので、こういう全面削る加工に少し苦手意識があったから今回のはいい経験になったな~!!

どこに力を持っていくかってのを意識しました。これで厚み方向に100分台の公差がきたらと思うとちょっと怖いけどね。。。それはそれでまたレベルUPになるかっ!!

試しにバネなんかを仕込んでみました。ジャッキだと強すぎて薄いところが反って公差が外れる。。。と思いバネにしてみたんだけと、ん~、、、意味があったのかなかったのか、いまいちわからなかったな~!!プラハンでたたくと振動はしたからそこまで意味ないか?

でもバイスで締めたあとにバネを利かせていくと0.05㎜くらいは浮いてきたから、利いてるはきもするし。。。

そしてアニールしてあると反りは減るなぁ〜と痛感!!グニャグニャに反っちゃうって感じはなかったです!!

もう一個の中身をガッツリ削るやつも思いの外反らなかったし!!アニール良いかも!

しかしマシニング加工は奥が深いですね。

もっと大きいプレートを+-0.1とかで面削しているブログなどもたまに見ると、まだまだだな~と思います。できる事を着実に一歩一歩すすんでいこう!!

親父と息子たった二人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です