φ42mmのキリ穴をヘリカル加工であける。

どってことない加工に悩む。。。

φ42mm深さ60mm貫通キリ穴。

まぁ、ドリルであげれば良いんですが、そんなドリル持ってない。買うのもなぁ〜。この6個終わったら2度と使わなそうだしっ!!

ってこんな時、タチバナ製作所ではヘリカル加工で仕上げます。

まずは、下穴をφ25のマジックドリルであけます!!

以前書いた記事、「カタログの限界値を突破する」 の時に深さ76mmをあけたので、深さ60mmくらい楽勝だーっ!!

って気持ちにさせてくれます。以前の自分なら、外部給油は2D(ドリル径✖️2)までだよ〜とビビってたので、経験って大事だなぁ〜!!

そして、仕上げにφ20-R5(1番上の写真)のチップ式のラジアスエンドミルでくるくるとヘリカル加工で削っていきます。

フラットタイプのエンドミルだと、ガリガリキリコをかじって嫌なんですよね〜!!

これだけ深いとラジアスでも多少はかじるけど、たまにキリ粉を飛ばすくらいで大丈夫でした。

穴の面粗度はイマイチだけど、キリ穴なんでそこは勘弁してもらいましょー!!φ40のスプリングが入るだけですしね^ ^

単純な加工も、いろんなやり方があって正解はないんだなぁ〜。奥が深いなぁ〜。と改めて思いました!!

親父と息子たった2人の町工場の息子より。


ワイヤ放電加工・マシニング加工
㈲タチバナ製作所
TEL:044-266-5173/FAX:044-266-5198
親父と息子たった2人の町工場
機械加工の事ならお任せ下さい!

お見積り/ご相談はコチラ

Official Site

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です